病気”と言われるギャンブル依存症。治療方法はあるのか?!

ギャンブル依存症とは、薬物依存症の様な近代病の一種であり世界中に多くの患者のいる深刻な病と言われています。この依存症を克服する方法もまた薬物依存症とある種似ていて、ギャンブルが自分の生活の一部になっているという事を自らで認める事から始まります。多くの国において、ギャンブルが合法化されている今、この現代病は真剣に目を向けなければいけない病気なのです。

ギャンブル依存症だと思われる人たちにはいくつかの共通点があります。一番多いのは、自分がギャンブル依存症という大きな問題を抱えていることを決して認めない、あるいは気が付いてもいないということです。自分の人生はいたって普通であり、「ギャンブルで負けたのは、その時の運が悪かっただけだ。」と真面目に問題を解決しようなどとは微塵も思っていない人が多いです。勝つ喜びを知る回数よりも、負けるまで賭け事に興じ続ける事が自然になってしまっているのは病気では無ければ何なのでしょうか。

ギャンブル依存症のもう一つの徴候に、“攻撃的な行動”も挙げられます。楽しくギャンブルを遊ぶ事が出来る人だってたくさんいます。それは、お金儲けの手段としてギャンブルを捉えているのでは無く、あくまでも余剰資金で楽しむ為のゲームとして遊んでいるからです。一方、依存症になるとそうは行きません。持っているお金を全額突っ込み、負けて失えば保険を解約してお金を作り、更に悪化すれば自宅を手放したり、盗みを働いたりと、悪循環に陥って行くのです。そんな生活にもなればお金を失った瞬間自暴自棄になり、暴力性が言動や行動に現れ出すので注意が必要です。

ギャンブル依存症の方の多くはギャンブルや賭け事に対して依存しているというよりも、“アドレナリンジャンキー”になってしまっていると言えます。脳内で働く神経伝達物質であるアドレナリンは快楽ホルモンと呼ばれるドーパミンと深く関係しており、アドレナリンが分泌されることによって一種の快楽状態に陥ってしまいます。そうなると最早、勝ち負けなどはどうでも良くなり、スリルだけを求めてギャンブルをするようになって行くのです。ここまで来てしまうとギャンブル依存症である確率は極めて高いと言えるでしょう。

では、ギャンブル依存に苦しむ人を助ける方法はあるのでしょうか?多くのリハビリセンターが唱え依存症克服において最も重要なステップは、家族やパートナーなどの身近な人が、「あなたは大きな問題を抱えています。」としっかりと伝えて気づかせて、認めさせる事です。いくら周りが心配しても自分自身が置かれている状況がいかにマズい事なのかを心から認めさせて改心させない限り解決することはありません。家族や周りの方のサポートが絶対的に必要であり、最も効果のある治療薬になるのです。しかし、どうしても面倒が見切れなかったり、相談できる相手もいないのならば、専門家に委ねるのが良いでしょう。彼らは多くの患者を見てきています。よっぽどの事がない限り、必ずや克服の足がかりとなるサポートをしてくれる事は間違いありません。